(有)村上電気商会OfficialHomePage

地上波デジタル放送

今までのテレビ放送(アナログ放送)は2011年に終了します。

最近話題の地上デジタル放送は、関東・中部・近畿の三大広域圏の一部で2003年12月からスタートし、受信可能エリアは順次拡大されています。
現在の地上アナログ放送は2011年7月に、BSアナログ放送は2011年までに終了することが国の方針で決定しています。
と!いうことはっ!
今、2006年6月現在では、あと5年近くアナログ放送で大丈夫ってことになりますね。
このことを踏まえて次の項目へ

テレビが今壊れたっ!デジタルとアナログどっちを選べばいいの?

結構頭を悩ませている方も多いかもしれません。
どんなテレビを買おうか悩む前に、色々と確認して見ましょう。

1:屋根に上がっているアンテナはVHFアンテナだ!
VHFアンテナ

2:屋根に上がっているアンテナはUHFアンテナだ!
UHFアンテナ

3:うちはケーブルテレビで受信してるぜ!

4:どんなアンテナかわからないがケーブルテレビではありません・・・

まずは1を選んだあなたは
地デジ対応の新しいテレビを買ってもアンテナ工事をしなければ地上デジタル放送は見れません。
新しい地デジ対応テレビ(約¥100,000-) + アンテナ工事費(約¥30,000-屋根により金額が変わります)=¥130,000-
結構かかっちゃいますね・・・
あと5年はアナログで我慢して完全に地デジになったら地デジ対応テレビを買うのも手かもしれません

次に2を選んだあなた
もう、予算の許す限りの地デジ対応テレビを買ってしまいましょう
ゴーストの少ない綺麗な画質のテレビを楽しむことができますよ。

3を選んだあなた
ケーブルテレビ会社に地デジサービスを行っているか確認しましょう
もしかしたらアナログテレビでも視聴することができるかもしれません

4を選んだあなた
まずはアンテナを確認して見ましょう。お隣さんに確認して見るのもいいかもしれませんね。
どうしてもわからない場合はお近くの電気店にご相談ください。

地デジ紹介サイト

[D-pa]
社団法人 地上デジタル放送推進協会
新しい楽しい地上デジタルテレビ放送-パーフェクトガイド
NHK /digital

お問い合わせは

(有)村上電気商会
担当 村上史隆
メールフォームにてお問い合わせください