(有)村上電気商会OfficialHomePage

FAQ

FAQ 〜電気のあれこれ〜

皆様の電気についての疑問のあれこれをわかりやすくご説明いたします。
左側のショートカットメニューから簡単に調べることができます。
さらに詳しいご質問がございましたら質問掲示板に書き込みをしていただくか、
お問い合わせメールフォームよりお願いいたします。

ブレーカーが落ちる。停電したくない。

Q00:なんでブレーカーが落ちるの?
Q01:分電盤にある色のついているブレーカーって何?
Q02:漏電遮断器ってどんなものなの?
Q03:ブレーカーが落ちて家中が停電。落ちないようにするには?
Q04:いつも朝の忙しいときに特定の部屋(キッチン)が停電。どうすればいい?
Q05:パソコンを良く使います。停電からパソコンを守るためにはどうしたらいい?
Q06:雷が落ちると電気製品が壊れるって本当ですか?
Q07:基本料金が高い!安くするには?
Q08:IHクッキングヒーターを導入したい。どんな条件がありますか?
Q09:分電盤にほこりがたまってます。掃除していいの?
Q10:漏電遮断器が働いて家中が停電。復旧方法は?

A00:

A00:
まずはじめにブレーカーは何のためにあるかご説明します。 電線には太さなどの種類に応じて流すことのできる電気の大きさ「許容電流」というものがあります。
その許容電流によってブレーカーが決まっていきます。
例えば、家の幹線に使われるような電線のSV8×3では8KVAまで流すことができます。
ここで重要なのは皆さんが使いたい電気の大きさではなく電線の種類でブレーカーが決まるということです。
許容電流を超えて電気が流れてしまうと電線が熱を持ち火災などの危険性が出てきます。

さて、本題に戻ります。
ブレーカーには3種類のものがあります。

アンペアブレーカー:電力会社と皆様との契約のブレーカーです
漏電遮断器:家を漏電の危険から保護するブレーカー
安全ブレーカー:家の各部分に電気を分けているブレーカー です。
各ブレーカーにも大きさがあり20A・30A・40Aなど大きさが決まっています。 漏電遮断器以外のブレーカーが落ちる場合は概ねこの大きさを超えてしまうことが原因です
20Aでの合計電力は20A×100Vで2000Wとなります。同じように30Aでは3000W、40Aでは4000W
使っている電気製品の合計W数がブレーカーのW数を超えてしまうとブレーカーが遮断します
このことを「ブレーカーが落ちる」といいます。


明かり

Q10:なんでブレーカーが落ちるの?
Q11:分電盤にある色のついているブレーカーって何?
Q12:漏電遮断器ってどんなものなの?
Q13:ブレーカーが落ちて家中が停電。落ちないようにするには?
Q14:いつも朝の忙しいときに特定の部屋(キッチン)が停電。どうすればいい?
Q15:パソコンを良く使います。停電からパソコンを守るためにはどうしたらいい?
Q16:雷が落ちると電気製品が壊れるって本当ですか?
Q17:基本料金が高い!安くするには?
Q18:IHクッキングヒーターを導入したい。どんな条件がありますか?
Q19:分電盤にほこりがたまってます。掃除していいの?
Q20:漏電遮断器が働いて家中が停電。復旧方法は?

A00:

A00:
まずはじめにブレーカーは何のためにあるかご説明します。 電線には太さなどの種類に応じて流すことのできる電気の大きさ「許容電流」というものがあります。
その許容電流によってブレーカーが決まっていきます。
例えば、家の幹線に使われるような電線のSV8×3では8KVAまで流すことができます。
ここで重要なのは皆さんが使いたい電気の大きさではなく電線の種類でブレーカーが決まるということです。
許容電流を超えて電気が流れてしまうと電線が熱を持ち火災などの危険性が出てきます。

さて、本題に戻ります。
ブレーカーには3種類のものがあります。

アンペアブレーカー:電力会社と皆様との契約のブレーカーです
漏電遮断器:家を漏電の危険から保護するブレーカー
安全ブレーカー:家の各部分に電気を分けているブレーカー です。
各ブレーカーにも大きさがあり20A・30A・40Aなど大きさが決まっています。 漏電遮断器以外のブレーカーが落ちる場合は概ねこの大きさを超えてしまうことが原因です
20Aでの合計電力は20A×100Vで2000Wとなります。同じように30Aでは3000W、40Aでは4000W
使っている電気製品の合計W数がブレーカーのW数を超えてしまうとブレーカーが遮断します
このことを「ブレーカーが落ちる」といいます。


ブロードバンド

Q20:なんでブレーカーが落ちるの?
Q21:分電盤にある色のついているブレーカーって何?
Q22:漏電遮断器ってどんなものなの?
Q23:ブレーカーが落ちて家中が停電。落ちないようにするには?
Q24:いつも朝の忙しいときに特定の部屋(キッチン)が停電。どうすればいい?
Q25:パソコンを良く使います。停電からパソコンを守るためにはどうしたらいい?
Q26:雷が落ちると電気製品が壊れるって本当ですか?
Q27:基本料金が高い!安くするには?
Q28:IHクッキングヒーターを導入したい。どんな条件がありますか?
Q29:分電盤にほこりがたまってます。掃除していいの?
Q30:漏電遮断器が働いて家中が停電。復旧方法は?

A00:

A00:
まずはじめにブレーカーは何のためにあるかご説明します。 電線には太さなどの種類に応じて流すことのできる電気の大きさ「許容電流」というものがあります。
その許容電流によってブレーカーが決まっていきます。
例えば、家の幹線に使われるような電線のSV8×3では8KVAまで流すことができます。
ここで重要なのは皆さんが使いたい電気の大きさではなく電線の種類でブレーカーが決まるということです。
許容電流を超えて電気が流れてしまうと電線が熱を持ち火災などの危険性が出てきます。

さて、本題に戻ります。
ブレーカーには3種類のものがあります。

アンペアブレーカー:電力会社と皆様との契約のブレーカーです
漏電遮断器:家を漏電の危険から保護するブレーカー
安全ブレーカー:家の各部分に電気を分けているブレーカー です。
各ブレーカーにも大きさがあり20A・30A・40Aなど大きさが決まっています。 漏電遮断器以外のブレーカーが落ちる場合は概ねこの大きさを超えてしまうことが原因です
20Aでの合計電力は20A×100Vで2000Wとなります。同じように30Aでは3000W、40Aでは4000W
使っている電気製品の合計W数がブレーカーのW数を超えてしまうとブレーカーが遮断します
このことを「ブレーカーが落ちる」といいます。


空調

Q30:なんでブレーカーが落ちるの?
Q31:分電盤にある色のついているブレーカーって何?
Q32:漏電遮断器ってどんなものなの?
Q33:ブレーカーが落ちて家中が停電。落ちないようにするには?
Q34:いつも朝の忙しいときに特定の部屋(キッチン)が停電。どうすればいい?
Q35:パソコンを良く使います。停電からパソコンを守るためにはどうしたらいい?
Q36:雷が落ちると電気製品が壊れるって本当ですか?
Q37:基本料金が高い!安くするには?
Q38:IHクッキングヒーターを導入したい。どんな条件がありますか?
Q39:分電盤にほこりがたまってます。掃除していいの?
Q40:漏電遮断器が働いて家中が停電。復旧方法は?

A00:

A00:
まずはじめにブレーカーは何のためにあるかご説明します。 電線には太さなどの種類に応じて流すことのできる電気の大きさ「許容電流」というものがあります。
その許容電流によってブレーカーが決まっていきます。
例えば、家の幹線に使われるような電線のSV8×3では8KVAまで流すことができます。
ここで重要なのは皆さんが使いたい電気の大きさではなく電線の種類でブレーカーが決まるということです。
許容電流を超えて電気が流れてしまうと電線が熱を持ち火災などの危険性が出てきます。

さて、本題に戻ります。
ブレーカーには3種類のものがあります。

アンペアブレーカー:電力会社と皆様との契約のブレーカーです
漏電遮断器:家を漏電の危険から保護するブレーカー
安全ブレーカー:家の各部分に電気を分けているブレーカー です。
各ブレーカーにも大きさがあり20A・30A・40Aなど大きさが決まっています。 漏電遮断器以外のブレーカーが落ちる場合は概ねこの大きさを超えてしまうことが原因です
20Aでの合計電力は20A×100Vで2000Wとなります。同じように30Aでは3000W、40Aでは4000W
使っている電気製品の合計W数がブレーカーのW数を超えてしまうとブレーカーが遮断します
このことを「ブレーカーが落ちる」といいます。


ショートカット

ブレーカーが落ちる
明かり
ブロードバンド
空調
電気工事士
電動工具
故障

お問い合わせは

(有)村上電気商会
担当 村上史隆
メールフォームにてお問い合わせください